青梅エリアで「TOKYO OME FREE Wi-Fi」のサービスを開始します
~国内外観光客向けWi-Fi整備による商業観光活性化を目指して~

2016年3月28日

青梅商工会議所
東日本電信電話株式会社 東京事業部
エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社

 青梅商工会議所(会頭:舘 盛和)は、東日本電信電話株式会社 東京事業部(取締役東京事業部長:浅野 健志、以下「NTT東日本」)及びエヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社(代表取締役社長:南川 夏雄、以下「NTTBP」)と連携し、3月31日から青梅エリアで、公衆無線LANサービス「TOKYO OME FREE Wi-Fi」の提供を開始します。

1.サービス提供の背景と目的

 近年、訪日外国人観光客を始めとする来街者が増加傾向にあります。そこで観光振興対策の『お・も・て・な・し』として、青梅市内の個店舗や観光施設で、観光客等が無料でWi-Fi(ワイファイ)に接続できる通信環境を「TOKYO OME FREE Wi-Fi」を整備しました。これにより、外国人観光客等が青梅市内で利便性や『お・も・て・な・し』を実感し、満足度と経済効果の向上が期待できます。
 また、本サービスは外国人観光客だけでなく、国内外の観光客及び来街者等も、Wi-Fiのサービスエリア内(商業・観光施設等)であれば、スマートフォン等を活用して「観光・交通情報の取得」、「SNSを活用した情報発信」等を無料で利用できます。

2.サービス開始時期

2016年4月1日(金)

3.サービスエリア

別紙のとおり

本件に関する問い合わせ先

NTTBP : 黒川・中村
TEL:03-6810-2706

【別紙】

1.サービス提供施設一覧(順不同)

1 青梅駅前 青梅観光案内所
2 東青梅駅北口自転車等駐車場
3 塩船観音寺 礼場
4 御岳駅前 みたけ歩楽里道
5 吉野梅郷(梅の公園管理棟)
6 河辺駅北口自転車等駐車場
※1~6以外に市内で商業・観光・サービス業を営む店舗・施設 約160ヶ所にも整備

2.インターネット接続時間

上記施設6ヶ所……1回60分、利用回数制限なし
市内店舗……1回60分,利用回数制限は1日4回まで

3.SSID(インターネットへ接続するための認識名)

TOKYO_OME_FREE_Wi-Fi(上記6ヶ所)
TOKYO_OME_FREE_Wi-Fi_Plus(市内店舗・観光施設 約160ヶ所)

4.TOKYO OME FREE Wi-Fiエリアサイン
  • TOKYO_OME_FREE_Wi-Fi

    (上記6ヶ所)

  • TOKYO_OME_FREE_Wi-Fi_Plus

    (市内店舗約160ヶ所)

5.Japan Connected-free Wi-Fiへの対応について

 「TOKYO OME FREE Wi-Fi」はNTT BPが提供する認証アプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」に対応します。これにより、一度アプリの利用登録を行えば、「TOKYO OME FREE Wi-Fi」のエリアに加えて既に「Japan Connected-free Wi-Fi」に参画いただいている他のエリア(日本全国の主要空港、主要駅、観光施設など約14.4万アクセスポイント*1)でも手軽な操作でフリーWi-Fiをご利用いただくことが可能となります*2。詳しい利用方法等については、NTTBPのホームページ(http://www.ntt-bp.net/jcfw/ja.html)をご参照ください。

*1 2016年1月末現在のアクセスポイント数です。
*2 同アプリを利用するほか、ブラウザで個別に利用登録を行うことでも、「TOKYO OME FREE Wi-Fi」をご利用いただけます。

<Japan Connected-free Wi-Fiトップ画面>

Japan Connected-free Wi-Fi

「TOKYO OME FREE Wi-Fi」は観光庁の推進する「Japan.Free Wi-Fi」に賛同しています。
<Japan.Free Wi-Fiシンボルマーク>
Japan.Free Wi-Fi