特急レッドアロー号の車両内に「SEIBU FREE Wi-Fi」を導入します!
2016年9月から順次導入予定

2016年8月4日

西武鉄道株式会社
エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社

 西武鉄道株式会社(所在地:埼玉県所沢市、社長:若林 久、以下「西武鉄道」)とエヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社(所在地:東京都千代田区、社長:南川 夏雄、以下「NTTBP」)では、訪日外国人向けに現在23駅構内で無料公衆無線LAN(以下「無料Wi-Fi」)サービス「SEIBU FREE Wi-Fi」を提供しています。利便性をさらに高めるため、2016年9月から「特急レッドアロー号」の全車両で使用できるよう、順次導入します。西武鉄道の車両で「無料Wi-Fi」を導入するのは、特急レッドアロー号(10000系)が初めてとなります。
 西武鉄道では、今後もインターネット環境整備を推進し、訪日外国人のお客さまへの対応をハード面・ソフト面で積極的に整備し、訪日外国人の誘致に貢献してまいります。
 詳細は別紙の通りです。

SEIBU FREE Wi-Fi

  

*「SEIBU FREE Wi-Fi」とは
  提供エリア内でスマートフォン等の通信端末を利用し、6言語(英語・中国語[繁体字・簡体字]・タイ語・韓国
  語・日本語)に対応した「SEIBU FREE Wi-Fi」専用ページから、メールアドレスをご登録いただくだけで、簡
  単にインターネットに接続いただけます。
  本サービスは、NTTBPが提供する、訪日外国人向け無料Wi-Fiエリア検索・接続アプリ「Japan Connected-fr
  ee Wi-Fi」に参画しており、アプリにて一度利用登録されたお客さまは、「SEIBU FREE Wi-Fi」の提供エリ
  アに加えて、同社が提供するその他のエリアでも簡単にご利用いただけます。

本件に関する問い合わせ先

NTTBP ビジネス企画部 山田・鏡味
TEL:03-6810-2627

【別紙】

1.サービス名称

「SEIBU FREE Wi-Fi」(SSID:SEIBU_FREE_Wi-Fi)

2.サービス導入車両

「特急レッドアロー号」の全車両

3.サービス開始時期

2016年9月から2016年12月までに順次導入予定

*導入車両には「SEIBU FREE Wi-Fi」ステッカーを掲出
SEIBU FREE Wi-Fi

4.通信事業者

エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社

5.その他

 池袋駅、西武新宿駅、高田馬場駅、所沢駅、西武球場前駅、本川越駅、西武秩父駅、練馬駅、
 石神井公園駅、大泉学園駅、ひばりヶ丘駅、秋津駅、入間市駅、飯能駅、豊島園駅、鷺ノ宮駅、
 上石神井駅、田無駅、小平駅、東村山駅、狭山市駅、拝島駅、国分寺駅の計 23 駅

6.「Japan Connected-free Wi-Fi(Japan Wi-Fi)」について

「SEIBU FREE Wi-Fi」はNTT BPが提供する認証アプリ「Japan Wi-Fi」に対応します。これにより、一度アプリの利用登録を行えば、「SEIBU FREE Wi-Fi」のエリアに加えて既に「Japan Wi-Fi」に参画いただいている他のエリア(日本全国の主要空港、主要駅、観光施設など約14.5万アクセスポイント*1)でも手軽な操作でフリーWi-Fiをご利用いただくことが可能となります*2。詳しい利用方法等については、NTTBPのホームページ(http://www.ntt-bp.net/jcfw/ja.html)をご参照ください。

*1 2016年6月末現在のアクセスポイント数です。
*2 同アプリを利用するほか、ブラウザで個別に利用登録を行うことでも、「SEIBU FREE Wi-Fi」をご利用いた
   だけます。

<Japan Wi-Fiトップ画面>
Japan Wi-Fi