Free Wi-Fiサービスによる観光客等の受入環境の整備・充実等に関する協定の締結並びに東北全域での「TOHOKU JAPAN Free Wi-Fi」のトライアル開始について
~「TOHOKU JAPAN Free Wi-Fi」によるONE認証の促進と
既設1.5万アクセスポイントの拡大~

2017年2月3日

東日本電信電話株式会社 宮城事業部
エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社
株式会社エヌ・ティ・ティ・アド

 東北観光推進機構(会長 清野 智)、東日本電信電話株式会社 宮城事業部(取締役宮城事業部長 柴田 基靖、以下「NTT東日本宮城事業部」)及びエヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社(代表取締役社長 南川 夏雄、以下「NTTBP」)は、「日本の奥の院・東北探訪ルート」を始めとして、「青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・新潟県」(以下、「東北」という。)における外国人観光客及び日本人観光客等の受入環境の整備・充実等に関する協定を締結します。
 また、東北におけるFree Wi-Fiサービスの更なる拡大・充実等に向け、株式会社エヌ・ティ・ティ・アド(代表取締役社長 長谷部 敏治、以下「NTTアド」)を加え、「TOHOKU JAPAN Free Wi-Fi」のトライアルを実施します。
 東北では、自治体及び民間事業者等並びにNTT東日本宮城事業部及びNTT BPが協力し、既に自治体施設、コンビニ及び商業施設等に約1.5万アクセスポイント(以下、「AP」という。)、「日本の奥の院・東北探訪ルート」上の65市町村に限っても約1万APが設置され、多数のエリアにおいて外国人も日本人も誰でもFree Wi-Fiサービスが利用可能です。
 また、このFree Wi-Fiサービスでは、NTTBPが提供する「Japan Connected-free Wi-Fi」(以下、「Japan Wi-Fi」という。13言語に対応)アプリケーションを利用することにより、外国人も日本人も、一度登録をするだけで、ワンタップでインターネットに接続できる「ONE 認証」(以下、「ONE認証」という。)が可能です。
 東北観光推進機構並びにNTT東日本宮城事業部、NTTBP及びNTTアド(以下「NTTグループ」)は、「TOHOKU JAPAN Free Wi-Fi」のトライアルを通じ、東北のFree Wi-Fiサービスの提供エリアの更なる拡大、「ONE認証」の促進、東北の観光情報の発信、「TOHOKU JAPAN Free Wi-Fi」を活用した外国人及び日本人観光客等の周遊・滞留分析、「TOHOKU JAPAN Free Wi-Fi」の認知度向上及び利用促進等を図るためのプロモーション等の取り組みを協働して進めていくこととします。
 本トライアルの概要については、以下のとおりです。

○「TOHOKU JAPAN Free Wi-Fi」のトライアルの概要

<東北観光推進機構とNTTグループが協働して取り組む事項>
(1)東北のFree Wi-Fiサービスの提供エリアの更なる拡大
(2)「ONE認証」の促進
(3)東北の観光情報の発信
(4)「TOHOKU JAPAN Free Wi-Fi」を活用した外国人及び日本人観光客の周遊・滞留分析
(5)「TOHOKU JAPAN Free Wi-Fi」の認知度向上及び利用促進等を図るためのプロモーション
<NTTグループにより取り組む事項>
(6)災害時における外国人及び日本人観光客等へのFree Wi-Fiサービスの提供

1 「TOHOKU JAPAN Free Wi-Fi」のトライアルにおいて取り組む事項

(1)東北のFree Wi-Fiサービス提供エリアの更なる拡大

 「既に東北に設置済の約15,000APに加え、主要観光スポット等への1,000AP設置拡大をめざします。(既設 約15,000AP+1,000AP)
 Free Wi-Fiサービスの提供をご検討されている自治体・企業様等は、本リリース末尾記載の問い合わせ先(NTT東日本宮城事業部またはNTTBP)までご連絡ください。

TOHOKU JAPAN Free Wi-Fi

日本の奥の院・東北探訪ルート

(2)「ONE認証」の促進

 「Japan Wi-Fi」(*)を東北向けにカスタマイズした「TOHOKU JAPAN Free Wi-Fi」(図1参照)による「ONE認証」の促進に取り組みます。
 (*)「Japan Wi-Fi」の詳細は、下記URLを参照ください。
  http://www.ntt-bp.net/jcfw/ja.html

ONE認証

APの設置場所
       http://sr.ntt-bp.net/g/

既に独自に整備済のFree Wi-Fiサービスも「ONE認証」連携ができるようになります。

 本トライアル期間中は、「Japan Wi-Fi」と連携していないエリアオーナー様が提供しているWi-Fi
サービスも無料で連携いただくことが可能です。
 詳細は、下記までお問い合わせください。
    【Japan Wi-Fiとの連携に関するお問い合わせ】
     NTT BP インフォメーションセンター 0120-26-1065
     受付時間10:00~17:00(土・日・祝日・年末年始を除く)
      (メール)jw_info@ntt-bp.net
      (WEB)http://www.ntt-bp.net/jcfw/ja.html

(3)東北の観光情報の発信

①「TOHOKU JAPAN Free Wi-Fi」による観光情報の発信
  「TOHOKU JAPAN Free Wi-Fi」により、東北の観光情報を広く発信します。
  コンテンツの掲載をご希望される自治体様等は、本リリース末尾記載の問い合わせ先
  (NTT東日本宮城事業部またはNTTBP)までご連絡ください。

TOHOKU JAPAN Free Wi-Fi

②「Japan Travel Guide」アプリを活用した観光情報の発信
 NTTアド提供の 「Japan Travel Guide」アプリを活用し、東北の観光情報を広く発信します。
 すでに、JR東日本様は、外国人向けの案内情報発信を目的として、2016年4月から「Japan
Travel Guide」内で、JR東日本グループの鉄道利用案内や駅ナカ・ショッピング情報、東北観光
推進機構の観光情報等の提供を開始しています。
 併せて、2016年5月からは、JR東日本を利用する訪日客を対象とした「Japan Travel Guide」のダウンロードキャンペーンを実施し、東北の訪日観光活性化をサポートしています。
 新潟地区については、「Japan Travel Guide」の提供元であるNTTアドが、FISアルペンスキーワールドカップ2016湯沢苗場大会公式スマートフォーンアプリを制作・提供し、スポーツ観戦も含めたICTを活用した訪日観光ビジネスの活性化に貢献しています。

Japan Travel Guide

(※)「Japan Travel Guide」の詳細は、以下のURLをご参照ください。
http://www.japan-travelguide.jp/

③海外における「旅まえ」での観光情報の発信
 台湾等の海外において、訪日旅行者向けに「旅まえ」で東北の観光情報を広く発信します。

(例1)繁体字HPによる観光情報の発信(宮城県、青森県、弘前市は既に実施中)
    台湾等で訪日旅行者向けに販売されるプリペイドSIMのパッケージにQRコードを掲載し、
   誘導先の繁体字HPにおいて、旅行前に現地の言語で東北の観光情報を発信しています。
    情報発信をご希望の自治体様等は、本リリース末尾記載の問い合わせ先(NTTBP)まで
   ご連絡ください。(毎月15日〆、翌月掲載)

繁体字HP

http://sr.ntt-bp.net/offguide/

(例2)海外イベントにおける観光情報の発信
   海外で開催されるイベントに出展し、東北の観光情報を発信します。
   「台湾国際動漫節2017」(2月2日~6日、台北)において、宮城県及び新潟市の観光情報や
   Free Wi-Fiサービス等について、パンフレット、ポスター等による情報発信を行います。

海外イベントでの情報発信

④デジタルサイネージ等による観光情報の発信
 観光案内所等において、デジタルサイネージ等により、東北の観光情報を発信します。

デジタルサイネージによる情報発信

(4)「TOHOKU JAPAN Free Wi-Fi」を活用した外国人及び日本人観光客等の周遊・滞留分析

 「TOHOKU JAPAN Free Wi-Fi」の利用ログ等を活用し、「日本の奥の院・東北探訪ルート」を始めとする東北における外国人及び日本人観光客等の周遊・滞留状況等の実態を自治体様と連携して把握し、観光施策の効果検証や改善への活用をめざします。
 周遊・滞留分析をご希望される自治体様は、本リリース末尾記載の問い合わせ先(NTT東日本またはNTTBP)までご連絡ください。

(5)「TOHOKU JAPAN Free Wi-Fi」の認知度向上及び利用促進等を図るためのプロモーション

 「TOHOKU JAPAN Free Wi-Fi」の認知度向上及び利用促進等に向けたプロモーションを実施
することにより、外国人及び日本人観光客等の利便性向上並びに周遊・滞留分析の精度向上等を
図ります。

(6)災害時における外国人及び日本人観光客等へのFree Wi-Fiサービスの提供

 日本人及び日本滞在中の外国人向けの災害対策として、大規模災害の発生時等には、気象
庁情報等に基づき、利用登録を行わなくても誰でもFree Wi-Fiを利用できる「災害時モード」への
自動切替を行い、被災者等に通信手段を提供するとともに、災害時に必要な情報を発信することと
します。

2 トライアルの実施期間

平成29年2月より概ね1年間を予定しています。

本件に関する問い合わせ先

  NTT東日本 宮城事業部 戸島  022-397-6429
  NTTBP 企画総務部 瀧田・齋藤 03-6810-2624
  <Japan Travel Guideについて>
  NTTアド グローバルビジネス推進局 林 03-5745-7612

<別紙>

【本トライアルにおけるNTT東日本の体制】

NTT東日本

【Japan Wi-Fiによる「ONE認証」が可能なAPの主なエリアオーナー様】

エリアオーナー