パラ水泳大会用Free Wi-Fiの提供開始および運用について
~選手、来場者の誰もが、手軽にインターネット接続!~

2018年11月30日

一般社団法人 日本身体障がい者水泳連盟
エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社

 一般社団法人 日本身体障がい者水泳連盟(会長:河合 純一、以下「JPSF」)とエヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社(代表取締役社長:南川 夏雄、以下「NTTBP」)は、国内最大規模、最高峰の障がい者水泳の全国大会「第35回日本パラ水泳選手権大会」(12月1日(土)・2日(日))を皮切りに、選手、来場者の方のためのJPSF Free Wi-Fiサービスを提供します。

1.JPSF Free Wi-Fi提供の背景と目的

JPSFでは、水泳・水中運動やパラリンピックを始めとする水泳競技活動を通して、障がい者の社会参加活動を促進するとともに、障がい者自らも社会貢献活動を行い、障がい者の心身の健全な発達と活力ある日本社会の構築に寄与することを目的に活動しております。具体的には、障がいに適した水泳・水中運動の開発・研究、指導者の育成、競技会の開催や、初心者は機会の提供や指導から、パラリンピックを目指すハイパフォーマンスアスリートの養成まで行っています。
特に、ハイパフォーマンスアスリートの養成については、東京2020パラリンピックやその後をめざし、スポーツ庁のスポーツ基本計画や鈴木プラン等にも基づいて、「東京2020トビウオパラジャパン戦略」を策定し、発掘から強化・育成へとパスウエイの構築を図るとともに、強化・育成拠点の設置、医・科学サポート、海外遠征なども取り入れながら、成果を上げています。
これまでも4年に一回開催されるパラリンピックでは、数多くのメダリストを輩出し、日本のメダル獲得の原動力になってまいりました。

このFree Wi-Fiサービスは、日本財団パラリンピックサポートセンターの支援のもとで実現。今後、年3回行われる全国規模のパラ水泳大会、その他地方大会や身体障がい者水泳の普及啓発イベント等に臨時のアクセスポイントを設置し、それぞれの開催場所に合わせて提供します。
これにより、選手、来場者の誰もが手軽にインターネットに接続でき、大会運営上の情報(プログラム、スタートリスト、リザルト等)をすばやく伝えるだけでなく、「来れば共感する」「見れば感動する」パラ水泳大会の様子や各選手の魅力が、インスタグラム等のSNS等を通じて全世界に向け発信されることを期待します。

2.サービス提供日

2018年12月1日(土) から
「第35回日本パラ水泳選手権大会」(三重交通G スポーツの杜 鈴鹿 水泳場)会場にて

3.サービス提供エリア及びサービス内容

初回は、2018年12月1日(土)~2日(日)の第35回日本パラ水泳選手権大会(鈴鹿スポーツの杜屋内プール)において提供いたします。
・サービスエリアは別紙ののぼり(パピヨンバナー)が目印です。
・同日、特設ブースで記念写真を撮っていただき、「#(ハッシュタグ)パラ水泳」、「#(ハッシュタグ)35回日本パラ水泳選手権大会」と入れてSNS等にアップした画面をイベントブースでご提示ください。先着200名の方にプレゼントをご用意しております。

4.パラ水泳「JPSF Free Wi-Fi」について

JPSFが提供するFree Wi-Fiサービス「JPSF Free Wi-Fi」は、NTTBPが提供するスマートフォン向け認証アプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」(無料)(Android/iOS対応)に対応しています。
一度の利用登録だけで、「JPSF Free Wi-Fi」の提供エリアに加え、既に「Japan Connected-free Wi-Fi」に参画している全国約17万カ所のエリア(日本全国の主要空港、主要駅、観光施設など)が提供するFree Wi-Fiサービスにも接続が可能です。
今後のパラ水泳大会情報や「JPSF Free Wi-Fi」の提供場所については、JPSF公式サイト(URL:http://new.paraswim.jp/)をご参照ください。
その他のサービスエリアや詳しい利用方法等については、NTTBPのホームページ(http://www.ntt-bp.net/jcfw/)をご参照ください。

Japan Connected-free Wi-Fi

<アプリ画面イメージ>
Japan Connected-free Wi-Fi
【主な特徴】
●全てが無料
全ての機能は無料で利用が可能
●利用登録は1度だけ
エリア毎に必要な利用登録は、Japan Wi-Fiアプリの利用登録のみでOK
●16言語に対応
英語・中国語(繁体・簡体)・韓国語・タイ語・マレー語・
インドネシア語・フランス語・スペイン語・ドイツ語・
イタリア語・ロシア語・ポルトガル語・ベトナム語・
タガログ語・日本語
●主な提供エリア

  •  交通動線(成田空港、羽田空港、東京メトロ、東京都交通局 等)
  •  商業施設(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート 等)
本件に関するお問い合わせ先
■JPSF  渉外・広報担当 中西
Tel:03-6229-5424
■NTTBP 水尾/情野
Tel:03-6810-2623

ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表時のものです。
最新の情報と内容が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

別紙

提供場所目印:パラ水泳マスコット「パラッシー」入りパピヨンバナー

提供場所目印:パラ水泳マスコット「パラッシー」入りパピヨンバナー

JPSFポータル画面:JPSF Free Wi-Fiからインターネットに接続すると表示される画面

JPSFポータル画面:JPSF Free Wi-Fiからインターネットに接続すると表示される画面