Wi-Fiネットワーク

世界ではじめて「共用型アクセスポイント」を商用化し、
駅や空港・カフェといった公共性の高いエリアに、
高品質な公衆無線LANエリアを構築・運用しています。

このエリアサインが、NTTBPの共用型アクセスポイント(以下、共用AP)で構築・運用している無線LANエリアの目印です。

各通信事業者のサービスはこちらをご覧ください。

NTTBPが「共用AP」で構築する公衆無線LANエリアの特長

1. 効率的な設備

効率的な設備

一つのアクセスポイントを複数の事業者でシェアできます。(最大16SSIDに対応)
これにより同一エリアにおいて複数の事業者が別々に設備構築する無駄を避けることができるため、アクセスポイントの設置数の削減をはじめ、回線の増設や基地局設置工事といった設備投資を大幅に抑制することが可能です。

2. 電波干渉の回避

電波干渉の回避

ひとつのチャネルで複数のSSIDを提供可能なため、APの急増により問題となっている電波干渉を回避することができます。

3. エントランス回線にはフレッツ光を採用

エントランス回線にはフレッツ光を採用

APと中継網を結ぶエントランス回線には全てNTT東日本/西日本のフレッツ光を採用しています。これによりWi-Fiの高速・低遅延というメリットを最大限に引き出すことができます。

4. 最新技術の導入

国内外のメーカと連携して常に最新技術の導入しています。
最新の共用APには、5GHzや802.11nに対応しています。