Wi-Fiコラム Wi-Fiをもっと楽しくするWEBマガジン

Wi-Fi利用経験者の70%がフリーWi-Fiの接続に不安あり!? Japan Wi-Fi auto-connectは救世主になり得るか?

15_07.jpg

先日、NTTBPでは、コロナ禍においてデータ通信に関する意識の変動や、自宅以外でのインターネット通信に関する実態について10代〜50代の男女300人を対象に「通信デバイスのデータ使用に関する意識調査」を実施しました。

調査では動画視聴・配信サービスの需要の高まりとともに、フリーWi-Fiの必要性も浮き彫りになりました。フリーWi-Fiの利用実態としては、8割の人がフリーWi-Fiを利用したことがある、と回答した一方、外出時にフリーWi-Fiにつなぐことに不安を感じたことがある割合は70%という結果になりました。

そこで今回は、調査結果で分かった困りごととあわせて、安心してフリーWi-Fiをご利用いただける方法についてご紹介します。

電車やバスなどの移動中をはじめ、外出先でも動画を楽しむ人が多い中、困りごとはやっぱりWi-Fi関連。

コロナ禍における動画人気の高まりもあり、外出先でも動画サービスを楽しむ人が増えています。外出先の動画視聴・配信サービスにおいて「電車、バス、飛行機」が最も人気が高く、次に「学校、勤務先、オフィススペース」となりました。ほかにも、「カフェ、ファミレス、ファストフード」といった飲食店や「コンビニ」などで動画を楽しむ人もいるようです。

あなたは、スマートフォンやPC・タブレットで、動画視聴サービス(hulu、Netflixなど)または動画配信サービス(YouTube、TikTokなど)を利用する際は、どのような場所で利用することが多いですか?(お答えはいくつでも)

15_01_02.jpg

ではその通信環境、みなさんは一体どうしているんでしょう。
自宅以外でのデータ通信量を節約したいか、という質問に対しては「節約したいと思う」と答えた方が82.4%にのぼりました。動画は楽しみたい、でも通信量が気になる、といった人も多いようですね。それを裏付けるように、外出先での困りごとの質問に対しては、202人中44人が「Wi-Fi関連」の回答でした。

自宅以外でスマートフォンやPC・タブレットを使用する際に、データ使用量を節約したいと思いますか?(お答えは1つ)

15_02_02.jpg

8割がフリーWi-Fiを利用したことがあると回答。フリーWi-Fiはすでに標準的な通信インフラになりつつある?

フリーWi-Fiの利用事情に目を向けてみると、8割の方がすでにフリーWi-Fiの利用経験者だということが分かりました。

男女ともに若い世代で活用されている傾向で、特に10代女性は91.1%が「とても活用している・活用している・時々活用している」という結果に。

これまでに、スマートフォンでフリーWi-Fi(コンビニやカフェなど公共の場所において、誰でも利用できるように無料で提供・開放されている無線LANサービス)を活用したことがありますか?(お答えは1つ)

【男女全体(n300)】

15_03_02.jpg

【女性全体(n157)】

15_04_02.jpg

もうすでに一般的な通信インフラとなりつつあるフリーWi-Fiですが、一方で利用の際に困ることもあるようです。

70%の方が、フリーWi-Fiに何らかの不安。フリーWi-Fiをつかうときの困りごとの第1位は「セキュリティ」

調査では7割の方がフリーWi-Fi接続になんらかの不安を感じていることが分かりました。

15_05_02.jpg

フリーWi-Fiで困ったことランキング

ここからは調査から見えてきた、フリーWi-Fi利用のさまざまな困ったことをランキングでご紹介します。

第5位
接続しようとするとメールアドレス等を登録しなければならず抵抗がある
接続したWi-Fiスポットは本物なの? や、毎回登録が面倒! など、利用登録には不安や面倒を感じる人が多いようですね。

第4位
何のWi-Fiに接続されたかが分からない
Wi-Fiにはつながったものの、これってなんで無料で使えてるの? 誰が設置したものなの? などよく分からずに使っていることも? 特にユーザー認証なしで使えるフリーWi-Fiの場合は、いつの間にかつながっている、ということもあるかもしれませんね。

第3位
フリーWi-Fiがある場所が分からなかった
Wi-Fiスポットがどこにあるか分からないことも多いですよね。よく行くお店にWi-Fiがあるのか知らない、なんてこともあるかもしれません。

第2位
弱い電波にばかりにつながってしまう
特に、フリーWi-Fiをよく利用する10代から多い回答でした。使えば使うほど、電波環境は気になりますね。より速く、安定したWi-Fiを利用したいですよね。

第1位
セキュリティが心配
なりすましWi-Fiや野良Wi-Fiなどの危険性は、先日TBS系列のテレビ番組「林先生が驚く初耳学!」でも取り上げられていましたが、この調査でも、1位はセキュリティといった結果になりました。

Japan Wi-Fi auto-connectを使うと解決できるの?

「Japan Wi-Fi auto-connect」とは、日本全国にある安全なフリーWi-Fiに自動でつながり、誰でも無料で使えるアプリです。

15_07.png

関連リンク:Japan Wi-Fi auto-connect | フリーWi-Fi自動接続アプリ
http://ntt-bp.net/jw-auto/ja

このアプリを利用することで、Wi-Fi利用時の困りごとを解決することができるのか、1つ1つ見ていきましょう。

第5位
接続しようとするとメールアドレス等を登録しなければならず抵抗がある
<◎ 解決できます!>
アプリを利用すれば、メールアドレスの登録はアプリ利用開始時の1回だけでOKです。不審なWi-Fiにはつながりませんし、Wi-Fiスポットでいちいちメールアドレスを入力する手間もありません。

第4位
何のWi-Fiに接続されたかが分からない
<◎ 解決できます!>
Wi-Fiでインターネットに接続したら、通知でお知らせしますので、何のWi-Fiに接続されたかすぐにわかります。また、接続したWi-Fiのオーナー情報などもアプリからすぐに確認できて安心です。

第3位
フリーWi-Fiがある場所が分からなかった
<◎ 解決できます!>
地図機能により、現在地から、さらにはキーワード検索などで簡単にWi-Fiスポットを確認できます。

第2位
弱い電波にばかりにつながってしまう
<△ Android版だけ解決できます>
Android版のみの機能ですが、アプリの対応Wi-Fiについては、電波強度の弱いものにはつなぎません。(※2021年2月現在)

第1位
セキュリティが心配
<〇 なりすましWi-Fi対策には活躍します!>
なりすましWi-Fi(偽Wi-Fiや悪魔の双子など)と呼ばれる、利用者をだまして個人情報を抜き取ろうとするWi-Fiに対しては抜群に効果を発揮します。
まず、なりすましWi-Fiを検知してお知らせする機能がありますので安心です。さらに、自動でWi-Fiに接続しますのでフィッシングサイトへ誘導される可能性が低くなります。


ただ、対応Wi-Fiのほとんどが通信区間の暗号化はされていませんので、httpsのページを見るなどの最低限の自衛は必要になります。



いかがでしたか?

フリーWi-Fi利用の困りごとのほとんどは、アプリを利用することで解決できることが分かりますよね。

「なんとなくフリーWi-Fiは怖いから使わない」「自動接続は設定しない方が良いらしい」などと、きちんと理由もわからず不安になっていては、せっかくの便利なサービスも使うことはできません。 どうするのかはあなた次第。

手間を減らし、より安全にフリーWi-Fiを利用するためにも、これからは、アプリでの接続がスタンダードになっていくのではないでしょうか?

コラムトップへ戻る

RELATED POSTS関連記事

PAGE TOP