Wi-Fiコラム Wi-Fiをもっと楽しくするWEBマガジン

フリーWi-Fiで「モンハンライズ」(Nitendo Switch用ソフト)を協力プレイしてみた!

Wi-Fiコラム編集部きってのにわかゲーマー・Cです。

2021年3月にCAPCOMから発売されたNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)用ソフト、「モンスターハンターライズ」

かつて「モンハン2G」時代、ソロでは制限時間内にフルフルを倒しきれずに挫折しましたが、「砥石は無限」「オンラインで誰かに助けてもらえそう」との噂を耳にし、「モンハンライズ」に挑戦してみることにしました。

なお、実際にフリーWi-Fiスポットで遊んでみた記事はこちら。

関連リンク:Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)で、フリーWi-Fiを使ってみた!
https://www.ntt-bp.net/column/blog/2021/01/post-22.html

25_14.png

編集長:もちろんフリーWi-Fiでやるんだよね?

C:え?? フリーWi-Fiですよ? すぐに落ちて、パーティーの人からボロクソに文句言われたりしたら怖いじゃないですか!

編集長:Wi-Fi会社の中の人がそういうこと言っちゃうわけ?

C:いや、中の人的には、通信速度とか品質面でがんばっている部署も知ってますけど、電波の遮蔽物とか混雑状況とかいろいろ不確定要素もありますし。

編集長:だから、私と、ひと狩り行くんだよね?!(モンハン初心者)

C:(あ......自分もモンハンやってみたいだけだ、これ)

と、いうわけで、にわかゲーマーと初心者の2人で「フリーWi-Fiスポットでもモンハン」はできるのか、検証します。

検証条件

ハンターは2人。
うち1人は自宅の安定した環境で、もう1人がフリーWi-Fiスポットでのオンラインマルチプレイで行います。
集会所クエストで初心者向けの「唐傘の妖怪」で「アケノシルム」の狩猟をめざします!

なお、2人ともあまりに下手なため通信環境とは無関係に、すぐに力尽きてしまう可能性があるため、上級者からデータごと装備を借りて検証することにしました。

【難易度Lv ★ 】
通勤ピークをちょい過ぎたエキナカカフェでの狩猟(朝)

目標:アケノシルム1頭の狩猟
目的地:東京近郊の大規模乗り換え駅 駅ナカのコーヒー店

「優雅にモーニングコーヒーを決めながらいけばきっと狩りもうまくいくはず」とまずは駅ナカのカフェで検証してみました。
電波状況、通信速度ともにご覧の通り良好です。打倒アケノシルム!

25_01_02.jpg

25_02_02.png

モンハン起動後、まったく止まることなく、まるで家にいるかのようにスムーズにロビーへアクセスできました。
クエスト出発後も動きは非常にスムーズです。

C:全く問題ないですよ! これならいけるんじゃないですか!

25_03_03.jpg

※CAPCOM「モンスターハンターライズ」より引用

ところが15分後......

25_04.jpg

※CAPCOM「モンスターハンターライズ」より引用

編集長:ご、ごめん......

C:どんまいっす......。でも、通信はめちゃくちゃ快適でしたよ!

検証前は、多少のローディング時間や動作のラグなどを覚悟していましたが、想像以上に快適にプレイすることができました。
そのため、ただただプレイのもたつき加減だけが浮き彫りになった1回戦となりました。

【難易度Lv ★★★ 】
電波ギリギリ、近所のコンビニでの狩猟(昼)

目標:アケノシルム1頭の狩猟
目的地:郊外のコンビニエンスストアのイートイン

このままでは終われない! ということで昼休みにリベンジです。
ただし、検証をした近所のコンビニエンスストアのイートインは柱の陰になっており、いつも電波状態がよくありません。スマートフォンでは、自動でモバイル通信に切り替わるレベルの電波の弱さです。通信速度はご覧の通り。

25_06_02.png

動画はもちろん、SNSなどのテキストデータですら見るのもままならないような通信環境の中、こんがり肉代わりのチキンを口につっこみながら狩りに挑みます。

フレンド一覧が表示されるまでに、多少時間はかかりましたが、ロビーで無事、編集長と合流することができました。

25_07_02_01.jpg

※CAPCOM「モンスターハンターライズ」より引用

通信断も覚悟しながら、狩猟にすすみます。
ところが、こんな低速な通信環境にも関わらず、プレイにはまったく影響がありません。モンスターや同行者の表示もなめらかで、電波の悪さは全く感じさせない動きです。

C:(心の声)あれ? なんか私たち、うまくなってる? アケノシルムが足を引きずっているということは、結構追い詰めているのでは......

と、そのとき

25_08_02.jpg

※CAPCOM「モンスターハンターライズ」より引用

編集長:あと一息だったのに!  消えたよ!? C、どこ行ったの?

C:あ! 時間制限にひっかかりましたね。

編集長:は? なに言ってんの、クエストの制限時間は50分じゃん!

C:違いますよ、編集長。フリーWi-Fiの利用時間制限ですよ。
こちらのコンビニのWi-Fiは「1回20分まで」でした。今再接続したんですけど、同じクエストにはもう戻れないですね。あとは一人で頑張ってください!

25_09_02.jpg

※CAPCOM「モンスターハンターライズ」より引用

編集長:いやいや、もう2回力尽きてるし、一人では無理。あ、終わった......

電波環境はいまひとつの場所でしたが、プレイをするうえではまったく問題になりませんでした。
しかし「フリーWi-Fiの利用時間制限にひっかかる」というWi-Fiコラム編集者らしからぬミスで、2回戦もあえなく敗退しました。

コンビニなどでは、長時間のフリーWi-Fi利用は想定されていません。お店の迷惑にならないように気をつけて利用しましょう。

【難易度Lv ★★ 】
複数の電波がある商業施設の休憩用ベンチでの狩猟(夜)

目標:アケノシルム1頭の狩猟
目的地:東京近郊駅チカ商業施設の休憩ベンチ

最後の決戦の地は商業施設の休憩ベンチ。ここでは複数のフリーWi-Fiが提供されています。
そのうちの1つのWi-Fiに接続したところ、このような画面が表示されました。

25_10_02.png

このフリーWi-Fiサービスは「Japan Wi-Fi auto-connect」などのWi-Fiアプリでのみ接続できるようでしたので、ニンテンドースイッチでインターネットに接続することはできませんでした。

このように、スマートフォンで利用できるWi-Fiでも、ニンテンドースイッチでは接続できない場合がありますので注意が必要です。
アプリ接続限定のフリーWi-Fiサービスの他にも、以下のような登録方式のフリーWi-Fiサービスでは利用できない場合があります。

  • 「仮登録メール」を受信できる端末でしか接続できない
  • ニンテンドースイッチに対応していないSNSアカウントでの認証にしか対応していない
  • SMS(ショートメッセージ)しか認証できない
  • 外国人旅行者専用などで、特定のパスコードが必要

気を取り直して、もう一方のWi-Fiでインターネットに接続します。通信速度は残念ながら、決して快適とは言えませんが、さきほどのコンビニに比べると、だいぶマシです。

25_13.png

複数のフリーWi-Fiがありますが、接続が切り替わる、などの影響も感じず、プレイにもまったく問題がありませんでした。

C:接続したフリーWi-Fiの1回あたりの利用時間は......。よし、30分か!

編集長:よし! 今度こそ!!

そしてついにその瞬間が......

12_11_02.jpg

25_12.jpg

※CAPCOM「モンスターハンターライズ」より引用

編集長Cやったァ――――。

C:モンハン楽し―!

編集長:モンハン超楽し―!

ふたりとも、もうすっかり検証のことは忘れ、もたもたしながら剥ぎ取りを行ったのでした。

モンハンをフリーWi-Fiで遊んでみた、まとめ

通信環境が悪くても遊ぶことができる

今回、時間帯やWi-Fiスポットをさまざまな条件にして3回の検証を行いました。中には電波状態が非常に悪いものもありましたが、インターネットの接続手続きさえ完了してしまえば快適にプレイすることができました。

ニンテンドースイッチではインターネット接続できないWi-Fiスポットもある

Wi-Fiアプリでの接続限定のタイプや、Wi-Fi利用登録に「仮登録メール」を受信しなければならないタイプなど、ニンテンドースイッチではインターネット接続ができないWi-Fiスポットもありました。

利用時間の制限に注意する

外でのプレイは短時間で完遂できるものや、採取クエストなど、すぐに切り上げられるクエストがおすすめです。

周りの人に迷惑をかけないようにする

歩きながらプレイする、つい興奮して大きな声を出す、大音量ボリュームにする、注文をせずに長居するなど、他のお客さんやお店の人の迷惑になるような遊び方はしないようにしましょう。

おまけ:他のゲームもフリーWi-Fiスポットで遊んでみた

最後に訪れた商業施設の休憩所は通信環境がよい場所ではありませんでしたが、試しに他のソフトもプレイしてみました。

「あつまれどうぶつの森」「テトリス99」では起動後のローディングや、インターネットでのマッチングなどに多少時間がかかる印象がありましたが、それ以外は特に気になる点は無く、遊ぶことができました。
「MARIO MAKER(マリオメーカー)2」でもオンラインでのプレイは可能でしたが、協力して遊ぶモードでは少し動作がぎこちなく感じる場面もありました。

また、ニンテンドースイッチは「YouTube」で動画も閲覧可能ですが、あらかじめ設定を「自動画質」にしておくと通信環境に応じて画質が変わります。試してみた通信環境では、かなり粗い画質ではありましたが再生が可能でした。

最後に、今回の検証で驚いたことは、ニンテンドースイッチのオンラインゲームは、高精細なグラフィックであるにも関わらず、どのゲームも比較的少ない通信量でプレイすることができたことですソフトのダウンロードやアップデートなどは、あらかじめ自宅で済ませておくこと、そして充電をしっかり確認しておくことをオススメします。

マナーを守って、家でも外でもオンラインゲームを楽しみましょう!

関連記事:Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)で、フリーWi-Fiを使ってみた!
https://www.ntt-bp.net/column/blog/2021/01/post-22.html

コラムトップへ戻る

RELATED POSTS関連記事

PAGE TOP